西国三十三所札所会公認 
中先達がお供致します。

施福寺・頂法寺・興福寺・壺阪寺



日本最古の観音巡礼、718年徳道上人が、
病で仮死状態になった時、冥府で閻魔大王から、
世の苦しむ人々を救うため、三十三の観音霊場を
開き巡礼を、勧めなさいと、三十三の宝印と,
起請文を授かり,中山寺の石櫃に納められました。
約270年後、花山法皇は比叡山で修行の後、
性空上人、仏眼上人、弁光上人と
那智山で修行され、西国三十三所観音巡礼を
再興されました。

一巡目は先祖のため、二巡目は家族のため、
三巡目が自身のためと申します、
観音様の慈悲に触れるご縁が、
みな様におとずれます事を、願っております。


西国三十三所札所巡礼
モデルコース


西国三十三所札所会 公認


西国三十三所札所会